エコノミスト2023の表紙を読み解く 易照の方位予報 12月2日予報

方位予報
Pocket

 エコノミスト2023の表紙を読み解く

 イギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』は、毎年年末に次の年を予想する『世界はこうなる』シリーズを出しています。

同誌はロスチャイルドが株主であり、その内容以上に表紙の図柄が未来を予言しているとして陰謀界隈からも注目されています。

トカナでこんな記事を見つけました。

『エコノミスト2023』の表紙に描かれた暗黒予言! 日本がウクライナ化、中国やトルコも戦争に突入か? - TOCANA
イギリスの経済紙『エコノミスト(The Economist)』が、2023年の世界情勢を占う『The World Ahead 2023』の表紙を発表した。各国首脳とともに描かれた兵器、望遠鏡、新時代の乗り物などは一体何を意味しているのか? 予言研究家・白神じゅりこが解読する。
●暗転している表紙
 2022年の表紙は白が基調だったが今年は黒が基調である。ということは、2023年は2022年に比べて暗転する。つまり、さらに状況が悪化するということだろうか?

●2023年の主要国
 表紙に描かれた主要国とそのリーダーは次の通り。
・台湾の蔡英文総統
・中国の習近平国家主席
・ウクライナのゼレンスキー大統領
・アメリカのバイデン大統領
・イタリアのメローニ首相
・ロシアのプーチン大統領
 以上6つの国とそのリーダーが2023年の世界を大きく動かすということを示唆しているようだ。それぞれの国が独立して描かれていることから戦争などで対立する可能性も考えられるだろう。
 リーダーの顔の大きさが違うが、プーチン大統領、習国家主席、バイデン大統領がことさら大きく描かれている。来年はこの3人が影響力を持つ世界となるのだろうか。
 さらに、日本の岸田首相は描かれてないことから、来年も日本は世界の表舞台で活躍するとは期待されていないようだ。

●蔡英文のロボットアーム
 台湾にある世界最大の半導体受託製造TSMCを巡って中国と米国の半導体戦争が激化する暗示か?

●習近平の空飛ぶ車
 中国の新興EVメーカー小鵬汽車(シャオペン)の空飛ぶ車「旅航者X2」が描かれている。2023年、中国が空飛ぶ車を全世界に売り出していくことを示唆しているのか?

●バイデンとエネルギー問題
 バイデンの周囲に描かれている輸送タンカーと風車はエネルギーの象徴か。
 アメリカ主導のロシアに対する経済制裁がヨーロッパや日本などのエネルギーを滞らせ、結果アメリカの信用が失墜するなどの問題が起こるのではないか?
 またバイデンの左上に描かれているのは「サイキ」という人工衛星だ。これは金属を主体とする小惑星「プシケ」を探索するために開発されている。サイキは今年8月の打ち上げが延期され、次回打ち上げ予定は2023年7月、もしくは2024年とされている。首尾よく来年中に「サイキ」が打ち上げられれば、2029~30年にはプシケに到達する。プシケは大量の金属を含有し、その総額は世界経済(約7370兆ドル)のおよそ1356倍にあたる1000京ドル(約10垓円)だと推測されていることから、サイキによる調査は純粋な科学的目的からではなく、プシケの資産価値を算定するためではないかともいわれている。もし、プシケを米国が利用できるとなれば、米国の覇権は揺るぎないものになり、また大きな混乱が世界にもたらされることになりそうだ。

●日本がウクライナ状態に?
 ゼレンスキーの隣にある地対艦ミサイルは、陸上自衛隊の「12式地対艦誘導弾」だとされている。これは、2023年に台湾問題を巡って米中戦争が勃発した場合、日本が中国から攻撃を受けて反撃するという意味なのかもしれない。実際、12式地対艦誘導弾は奄美大島と宮古島に配備されており、敵艦の上陸を許す前に対艦ミサイルを撃ち込み、撃沈することが目的だとされる。もちろん、ここでの仮想敵国は中国であることは言うまでもない。

●宇宙で歴史的発見?
 表紙の真ん中にあるのは、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡である。これまでの中で最も強力な望遠鏡とされることから、2023年は宇宙で異星人の存在を証明するなど歴史的な発見をする可能性があるのではないだろうか?

 その他、全体的に見て格子状のものが描かれているが、これはメタバース上の土地を表現しているといわれ、世界でよりいっそう仮想現実化が進むと考えられる。また、背後のバラバラの赤い四角は木っ端微塵になった日の丸にも見えなくもない。2023年は、日本は世界情勢に翻弄され戦争に巻き込まれてめちゃくちゃになってしまうのだろうか?

陰謀的な判断は別の論者の解釈にお任せするとして、房主は易者ですから、これを易的に解釈してみようと思います。

昨年の表紙もそうですが、房主はこの表紙に易の太極図を見出すことが出来ます。

表紙に現れている指導者の視線(イタリアのメローニ首相は手の動き)に注目です。

中央のロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、台湾の蔡英文総統の目線は同じ方向を見ています。

一方でバイデン米大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領の目線、イタリアのメローニ首相は右でありこの両者の向きで陰陽太極図を見出せるのです。

昨年の色が白基調であったのが今年は黒が基調でこのペアも陰陽を表しています。

ここから断じると、中国の習近平主席と台湾の蔡総統が同じ目線であることから、中国による台湾吸収、あるいは中台統一の流れが想起されます。

と思っていたら、台湾の地方選挙で与党民進党は大敗し、蔡英文氏は党首を辞任するという報道が出ました。

台湾・蔡英文総統、党トップを辞任 地方選で与党大敗
【台北=龍元秀明】台湾で4年に1度の統一地方選が26日、投開票された。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統率いる与党・民主進歩党(民進党)は、台北市など主要都市で相次ぎ首長ポストを落として大敗した。蔡氏は同日夜、責任を取り党トップの党主席を辞任すると表明した。総統としての職務は続けるが、政権への打撃は避けられない。蔡氏は2...

表紙の各所に配される「●」や「〇」は、昨年同様に星座を表していると想像します。

おそらく占星術的な読み解きをすると、例えば中台の問題やウクライナをめぐる情勢の変化の時期を占星術で示していると考えます。

そして、各所に配置されている画像。ゼレンスキー大統領の右にあるのは自衛隊の「12式対艦誘導弾」

バイデン大統領下のタンカー。

一方で蔡総統の横にあるロボットアーム

習主席の左下にある衛星

そして習主席の右にある空飛ぶ車

これらを、来年の気学の年盤に重ねると、それぞれの象意が合致します。

来年は四緑木星中宮です。習主席右にある空飛ぶ車は、風の象意のある四緑木星に合致します。

右下の対艦ミサイルは破壊の象意がある五黄土星。衛星は電波の象意がある三碧木星に合致します。

タンカーは石油は燃料ですから九紫火星。一方でロボットアームは関節、あるいは技術革新を象徴し、人体の間接、変革の象意がある八白土星を重ねる。

そこから読み解くと、三碧木星には暗剣殺。五黄土星は氣學では五黄殺となります。

ここから想起するのは、暗剣殺象意に衛星が配されるので「大規模な電波障害」、五黄殺象意は対艦ミサイルですから「大規模な紛争」が予想されます。

来年は兌宮(金)に歳破が巡ります。ここには六白金星が回座しますが、ちょうどその位置に医療カプセル、薬のようなものが見える。

或いは植物の種子にも見えます。

ここに歳破が巡るのは、世界的なパンデミックによる医薬品の不足、あるいは食糧危機を象徴しているのではないか?

“癸”の年は冷夏になるのか? 易照の方位予報 3月26日予報
天干からその歳の気象は予測できるのか?

以前、当ブログでも来年記録的な冷害を予測していましたので、この辺りが一致する所かな…と考えています。

或いは、この表紙から見出せる別のシンボル…

ここから、ロシア=ウクライナにとどまらない紛争の拡大を想起させます。

エコノミストもう一つの隠されたシンボル 易照の方位予報 12月5日予報
エコノミスト誌の表紙に隠されたもう一つのシンボル

勿論、こんな予測は当たらないに越したことはありませんが、備えあれば憂いなし。あるいは何が起きても大丈夫…という覚悟があれば、とっさの時にもパニックに陥ることなく冷静に対処できるでしょう。

初めての方は“方位予報”閲覧前にご確認ください
サイトでご紹介する日盤の利用法、判断法を解説します。

易照の方位予報 12月2日予報

方位予報図

予報詳報

北⛅

小吉方位(景門・太乙同会)お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。方位地支は子孫を帯び日辰から合を受けます。お付き合いで何かと出費が増えそうです。お買い物は、交友筋の伝手で特別なサービスや割引を受けられたり、限定品を入手できそうです。ギャンブルでは一山当てて臨時収入も期待もてますが、二黒土星が巡るので大金を積んでの大勝負は避けましょう。

交際運…やや吉。飲食を伴うと会話も弾んで楽しいひと時を過ごせそうです。ただしカップルは浮気の疑いを持ったり持たれたりで凶方位です。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事では、部下や同僚から協力を得られたり、活躍に助けられる場面がありそうです。努力が花を咲かせそうな好方位です。交渉事、競争の激しい方位ですが、粘り強い交渉と、相手の話をよく聞く姿勢が評価されて、相手の信用を得そうです。勝負事、接戦です。集中力を切らさず集中して事に臨みましょう

健康…胃がお疲れ気味です。消化不良や胃もたれにご注意ください

北東☂️

凶方位(杜門・暗剣殺) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや凶。方位地支は妻財と父母を帯び九紫火星が同会します。お買い物、お得な情報と内容をよく確認しないで飛びついたり、高級品やブランド品のような華美な物に目移りし、ちょっとした宣伝勧誘に心が動きやすいです。目的買いにとどめるとよいでしょう。ギャンブルは出入りが多く、手元に多くは残らないでしょう。

交際運…やや凶。感情的になりやすい方位です。些細なことが氣になって口調が荒くなったり、何でもないことに傷ついたりします。

仕事、交渉、勝負運…凶。仕事では、業務上の改善策や提案を上司に上申するも採用されなかったり、差し戻されてモヤモヤした気分を味わいそうです。交渉事、熱心な説明やプレゼンに対して相手の反応は鈍く手ごたえを感じられないでしょう。勝負事、予想以上に難敵です。攻め手を欠いて苦戦しそうです。

健康…疲労から腰痛や関節の炎症を起こしそうです

東☁

吉凶半々方位(傷門休囚・天道・天徳・月徳) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや凶。方位地支は妻財を帯び四緑木星と同会します。お買い物はキャッチコピーや宣伝に惑わされやすく、衝動買いが多いでしょう。ギャンブルはまずまずです。ただし震宮方位でのめり込みやすいので掛け金の上昇に注意しましょう。

交際運…凶。舌禍対立の多い凶方位です。不用意な発言でもめ事が起きそうです。メールやSNSの誤送信に注意。待ち合わせの時間や場所を間違えることがありそうです

仕事、交渉、勝負運…やや凶。仕事では、ケアレスミスやつまらないミスをして滞りそうです。交渉事、成果を急ぐあまり安易な妥協や譲歩を繰り返したりしそうです。安易に口約束を交わして後々問題となりそうです。勝負事、小さなミスをきっかけに形勢が逆転して苦境に立たされそうです

健康…声を出しすぎて喉を傷めたり、過呼吸や喘息の発作などが起きそうです。

南東☁

吉方位(生門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉。方位地支は兄弟と父母を帯び七赤金星が同会します。親からお小遣いをもらったり、臨時収入の期待が持てる方位。お買い物では立ち寄ったお店で偶然お得なセールが開催されていたり、交友筋の伝手で、特別価格や限定モデル品の入手のチャンスあり。ギャンブルは自分の勘よりも、情報誌の予想が的中しそう。

交際運…吉。交友知人との会食やお茶の時間は運氣を高めます。悩みごとの相談にも良いでしょう。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事では、上司や同僚の協力を得やすい方位です。交渉事、ライバルを上回る好条件を陽貨されたり、ライバルに先んじて契約にこぎつけそう。勝負事、奇襲や作戦が奏功します。相手のミスを誘って優位に立てそうです。

健康…過食の暗示があります。胃腸のトラブルに注意

南⛅

小吉方位(休門休囚) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。方位地支は官鬼を帯び一白水星と同会します。貴重品の紛失や盗難委ご注意ください。お買い物では、安い物には訳アリ品が多いです。購入前の品質チェックや、決断前に冷静にもう一度必要かどうかを見極め判断しましょう。ギャンブル運は、勘の冴えが良く一山当てそうです

交際運…やや吉。お悩み相談に良い方位です。会話の中から解決のヒントを閃いたり、助言や助力を得られそうです。子的な窓口を頼っても良いでしょう。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事では、取組み中の物事が人山越えてホッと一息つけそうです。交渉事、難交渉が予想されますが、粘り強い交渉の結果まとまりそうです。勝負事、作戦にこだわらず相手に応じた臨機応変の対応で勝機芽生えます

健康…目に異物が入ったり充血することがありそうです

南西☁

吉凶半々方位(開門旺相・日破同会) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉凶半々。方位地支は父母と兄弟を帯び三碧木星が同会します。お付き合いでの出費が増えたり、交友筋から儲け話などの誘いがありそうな方位です。ギャンブルは勘が空回りして良い所がありません。回を重ねるたびに赤字が増えそうです。お買い物は、安物買いの銭失い。買った物がすぐに壊れてしまったり、不良品を手にしそうです

交際運…やや凶。交友筋から金銭に関わる悩み事を寄せられて悩む場面がありそうです。相手の思わぬ発言に傷ついたり、こちらの発言に相手が反発する場面がありそうです。メールやSNSの誤送信に注意。

仕事、交渉、勝負運…吉凶半々。仕事では、同僚や上司からの頼まれごとや雑用の支持が多く、自分の職掌がはかどらないでしょう。交渉事、ライバルとの競争が激化、条件闘争が激しくなります。書類上のミスに注意しましょう。勝負事、スタンドプレーが目立ち、空回り気味です。

健康…精神的に不安定です。ヒステリーを起こしたり、パニック障害、氣分の躁鬱が激しく落ち込むことがありそうです

西☂️

凶方位(驚門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。方位地支は兄弟を帯び八白土星が同会します。交友筋からの儲け話の勧誘、架空の金銭に関わるお誘いがありそうです。八白土星同会で物欲が強くなるので、冷静な判断ができなくなるので注意しましょう。お買い物は勧誘や宣伝に弱い方位。勧められるがままに手を出して衝動買いの多い方位です。ギャンブルはのめりこんで引き際を誤りそうです

交際運…凶。交友筋から金銭に関わる相談事、悩みを打ちけられそうです。何氣ない一言がきっかけに深刻な対立が生じやすい舌禍対立の暗示有。

仕事、交渉、勝負運…凶。仕事では、同僚や部下の過失からトラブルが生じやすい方位です。後始末に追われて滞りそうです。交渉事、雰囲気は和やかでも相手の姿勢は頑なで歩み寄りが感じられなかったり、ライバルからの相見積もりを提示され譲歩を迫ってきそうです。勝負事、接戦です。攻め手を欠き、またミスも多く苦戦しそうです

健康…過労からの腰痛や関節痛、思わぬケガをしそうな方位です

北西☂️

凶方位(死門旺相・暗剣殺同会)お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。方位地支は父母と子孫を帯び九星は七赤金星が同会します。貴重品の紛失や忘れ物に注意しましょう。お買い物は見た目や宣伝、耳触りの良い宣伝に乗せられて、衝動買いの多い方位です。ギャンブルは、初手の勝利に欲深くなって、かえって止め時を誤りそうです

交際運…凶。舌禍対立の暗示有。軽率な言動、売り言葉に買い言葉の口論が発生しやすいです。

仕事、交渉、勝負運…凶。仕事では、部下の過失に上司から連帯責任を問われたり、意見や方向性をめぐって上司と衝突する場面がありそうです。交渉事、提示した条件に相手の反応は鈍く、さらに譲歩や妥協を重ねてしまいそうです。勝負事、相手の奇襲に翻弄されて苦戦しそうです。

健康…食あたり、口内の火傷や怪我等

凶方位への処方箋

警戒方位…北東☂️、西☂️、北西☂️

吉方位が南北に限られて、効果的な方位除けが難しい一日となります。最大吉方の北🌤で吉運氣を取り入れてから、吉刻を利用して現地に移動するとよいでしょう。特に北西は凶意が強いので、滞在時間は短めに切り上げましょう。

当サイトの方位による運氣作用への考え方
当サイト主の考える、吉運氣と凶運氣の作用とその対策について、記事後半で具体的な「方位除け」方法を解説しています。

氣学本命星日運

日注意本命星は、二黒土星、三碧木星です。(お出かけの有無に関わらず凶事発生しやすい一日となります)

 

二黒土星…本命星は坎宮(水)を剋す殺氣を帯びます。坎宮(水)は日辰から剋を受け運氣低迷の衰運日です。人間関係でコミュニケーショントラブルを抱えやすい一日です。その場を取り繕うために就いた嘘がばれたり、相手に騙されたりしそうです。

三碧木星…本命星は坤宮(土)を剋す殺氣を帯びます。日破が重なる為運気が低下する注意日です。舌禍の暗示があります。周囲の人間関係においては、いつも以上に口調や言葉使いに注意しましょう。

 

氣學九星本命星早見表
誕生年の本命星はこちらよりご確認ください。
九星氣學 傾斜宮早見表
九星氣學におけるご自身の潜在意識、内面的性格を推断する『傾斜宮』を割り出す早見表です
九星及び定位宮の主だった象意
各九星及び定位の宮が司る主だった象意について解説します
「六親五類」とは
「六親五類」とは、四柱推命に由来する考え方で、自分を中心に自身に大きく影響を及ぼすであろう近しい肉親を差します。ここではこの六進五類について「五行易」での象意を解説します

出発吉刻

 

お出かけに適した吉刻は、寅卯刻、申刻(大吉)、戌亥刻です。

凶方位へのお出かけは早朝か、午後3時前後が適しています。

氣學・日盤及び時盤では、寅刻の南東、南西及び北西、戌亥刻の南東に凶煞重なります。

同時刻凶煞方位へのお出かけはお控えください。

それでは2日が、皆様にとり最幸の一日となりますように。

本日もご覧いただきありがとうございます

(易照が実現したいこと) 
今年の四月には、鑑定のお志事を柱として多くの方々のお悩みの解決のお手伝いができています 
お悩みの解決のお手伝いができ、その解決を自分の事のように喜ぶ自分がいます 鑑定と「五行易」のセミナーなどで日々忙しいものの大変充実した日々を送っています 
3年以内に「五行易」ないし運命學に関する本を出版し、読んでいただいた人々の開運、幸せになるお手伝いができ、喜びの感想をたくさんいただいています
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました