この世にはびこる「呪い」① 易照の方位予報 9月2日予報

方位予報
Pocket

この世にはびこる「呪い」

もうすぐ9月11日です。

航空機がアメリカの象徴であった摩天楼に突入、ビルが崩壊する事件は世界を震撼させました。

もう20年以上も前の事件ですが、当時の映像はまだ鮮明に記憶に残っています。

ところで、この事件をめぐっては事前にその発生が予言されていた…ということが様々な方面から指摘されています。

例えばアメリカでもっとも流通している20ドル紙幣を特定の方法で折り曲げていくと、ツインタワーの崩壊が表現されたりします。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

ハリウッド映画でもメッセージが現れています。

画像はアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ターミネーター2』の1シーン。陸橋下のトンネルに唐突に「CAUTION 9・11(9.11に注意せよ)」の表示が現れます。

いわゆる『陰暴論』という類なのでしょうけれど、これを昨日の予報の枕で解釈した「呪」という概念から捉えてみたいと思います。

『陰暴論』という「呪い」

いわゆる『陰暴論』の存在の真偽をここで証明するつもりは毛頭ありません。

検索すれば、其れこそ一晩かかっても見切れないぐらいく詳細に語っているサイトはごまんとあります。

ですから、ここでは「運命学」的な視点からこの「陰暴論」に向き合ってみたいと思います。

「易経」とは、この地球の成り立ち、そして宇宙の法則を解き表した書物です。その宇宙の法則とは陰陽の二つの概念が交雑することにより「万物が生成され」、その作用は未来に向けて「生成発展」を繰り返していることが、易経の繋辞伝に解き明かされています。

したがって、この地球、世界を易経になぞらえ、宇宙の法則に当てはめれば、「生成発展」を志向し、長い目で見れば、人類は確かに進化し、文明は発展してきました。

この宇宙の法則を理解し、かつ人間に与えられた使命をを理解すれば、もっとこの世界はより良く、その進化のスピードも加速します。

運命學(占い)の根底にあるのは高度な天文学です。

これは東洋、西洋に関わらず共通する所のものです。

古代の賢人たちは、太陽や月、星々の運行が世界に及ぼす影響、とりわけ人の運命に関わる密接な関係を見出していましたから、つぶさに天体の運行を計測し、その上で「暦」を制定しました。

中国では暦の制定は皇帝権力の専権事項でしたし、西洋においてもこれは同様です。ただ、西洋においてはローマ帝国の崩壊後、中国のような大陸的な統一国家が生じず、群雄割拠の状況が続く中で、暦の制定は宗教勢力にゆだねられました。

最初の「呪い」

ローマ教皇 グレゴリウス13世
(在位期間 1572-1585年)

現在、日本を含め世界中に使用されている「暦」は太陽暦。正確には「グレゴリオ暦」と呼ばれるものです。

わが国では、明治維新後1873年に暦の改定が行われ、それまでの旧暦が廃され、西洋と同じグレゴリオ暦が採用されました。

「改暦論」福沢諭吉 ウィキペデシアより

ところが、この新暦はそれまで使用されていた暦と異なり、基本的に時を刻む以外の情報(日にちと曜日)が記載されておらず、使い勝手が悪いと評判は散々なものでした。

仕方がないので、一部復活したのが大安、仏滅等の「六曜」ですがこれだけではあまり意味がありません。

そもそもこの太陽暦は、日本の風土に合致していません。今でも、天気予報でキャスターが定法として24節季を用いるのは、太陽暦と実際の季節の移り変わりのズレを認識しているからです。

ちなみに暦の世界では「マヤ文明」が用いていた「マヤ暦」という者が存在します。これについて、太陽暦と比較して興味深い分析をした記事があるのでご紹介します。

『見破ったわよ!グレゴリオ!12ヶ月カレンダーの真相。』
     こんにちわ。今日はとっておきの発見をお届けします。( ̄∇ ̄+)   1年を12ヶ月とするスタイルは、1ヶ月ごとが不定形であるものの、あまりに慣れ過ぎ…

記事内で紹介されている分析結果、グレゴリオ暦とマヤ暦を分析したところ、1ケ月を28日で区切るマヤ暦は、毎月放射状の時のリズムを感じるのに対し、グレゴリオ暦は毎月分離、孤立する「時」が存在します。

一方で、旧暦は月の満ち欠けに対応しています。特に女性の場合は月の満ち欠けが「月経」と生理現象に密接にかかわっていますから、カレンダーは単なる時の刻みではなく、一年を通じ一定のリズムを感じなければならないところです。

旧暦は一ケ月を30日、29日の周期でリズミカルに刻みます。

太陽暦は1月が31日、2月が28日と早くも一年の初めでこのリズムを崩します。

本来、暦とは時だけでなく日月星辰の運行より「氣の巡り」を推しはかる「氣読み」です。

しかし、現代の暦はただひたすら1月1日から12月31日の数字を追いかけるに過ぎないし、そもそもが太陽の運行に時の刻みの根拠を求めるのであれば、一年で最も日照時間が短い冬至を年始とし、なおかつ24節季に合わせ1ケ月2節季とすれば、太陽暦でも下図のようなリズムを感じることが出来るところです。

この地球、世界を易経になぞらえ、宇宙の法則に当てはめれば、「生成発展」を志向し、長い目で見れば、人類は確かに進化し、文明は発展してきました。

この宇宙の法則を理解し、かつ人間に与えられた使命をを理解すれば、もっとこの世界はより良く、その進化のスピードも加速します

記事の冒頭でこう指摘しましたが、実はこの宇宙のリズムを感じること、これこそが易経を理解する基礎根底です。物事は「陰陽」のたった二つの二元素なのですから、これを理解することはたやすい。これを易経では「易簡(いかん)」と呼びます。

ただし万物生成にあたっては、常に同じ周期ではなく、事象ごと、万物ごとに固有の一定のリズム感があります。従って、個々の固有の周期に応じて暦を正しく用いれば、あらゆるものが滞りなく生成発展のプロセスをたどります。

もし、暦が正しく氣の巡りを反映し、それを伝える物であるならば、それを用いる者に等しく恩恵を施し、その進化発展のスピードをさらに促すものです。

しかし、世界万民が覚醒しては困ると考えるのが、これを支配する側の立場の人々です。

時の刻みという可視的な「真実」をもって、その背景にはもっと重要な「運氣運航」という「真理」を覆い隠す。

世界中で採用されている太陽暦とは、日月星辰のリズムと「時」の概念を切り離し、本来刻むべきリズム感と人間を切り離す。天道、地道に相並び立つ人道という易経の概念、自然から人道を切り離し、人間だけをフォーカスする。

「自然は征服するもの」という概念が西洋において支配的なのも、この自然のリズムに逸脱した太陽暦を長く使用している弊害の一つと想像します。なぜならば、天道、地道は限りのない永続性、循環性があり、もしそれを理解して人間がそれを用いれば尽きることのない恩恵を活かすことが出来る。

しかし、そのリズムより人間を分断し、宇宙に合致しない身勝手なリズムで行動する、その結果があらゆるところで滞り、行き詰まったところで繰り返し引き起こされる災禍が戦争である…想像した時、これこそが大いなる「呪=暗示」と考える房主です。

初めての方は“方位予報”閲覧前にご確認ください
サイトでご紹介する日盤の利用法、判断法を解説します。

易照の方位予報 9月2日予報

方位予報図

予報詳報

北☂️

凶方位(傷門(木)・日破・五黄殺・天道・天徳・月徳) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。方位地支空亡で、貴重品の紛失や盗難に要警戒を。ギャンブルは官鬼が日辰から冲を受け番狂わせが多いでしょう。お買い物は、物欲先行、衝動買い、無駄遣いが多い方位です。

交際運…凶。口論や対立もめ事が多く良くありません。家族では子どもが嘘をついたり反抗します。カップルは浮気の疑惑や誤解からもめ事が発生しそうです。

仕事、交渉、勝負運…凶、仕事は自身を含め同僚のミスの事態収拾に追われそうです。交渉事、相手から強い譲歩の要求があったり、相手の意思が頑なでまとまりません。勝負事、一つの手段や作戦に固執して柔軟性に欠けます。試験などはケアレスミスに注意。

健康…全体的に体調が悪くなる凶方位。体幹の冷えが原因となります

北東🌂

小凶方位(杜門休囚) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。交友筋からの甘い誘い、儲け話の勧誘がありそうですがよくありません。お買い物、九星は三碧木星が巡るので財布のひもが緩みがちです。ギャンブルものめりこんで負けを重ねる凶方位です。

交際運…やや凶。交友間での飲食は吉。ただし相手から厄介な問題や相談事を持ち出されて判断、返答に悩みそうです。

仕事、交渉、勝負運…やや凶、集中力を欠きミスが多い方位です。特に報告や伝達ミスなどのコミュニケーショントラブルに注意。交渉事、ライバルの相見積もりや好条件に動揺して、つい過剰な譲歩やサービスを申し出てしまいそうです。勝負事、攻め手を欠いて悩みそう。我慢比べの展開となりそうです

健康…過労、気苦労からくる心身の倦怠感

東🌤

吉方位(景門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。九星は金運の星七赤金星が定位対冲で巡り、無駄遣いに後悔しそうな方位です。お買い物、お得なセールが開催されていたり、お買い得品多いですが、かえって分不相応な高級ブランド品に手を伸ばしたり、ギャンブルはのめりこみやすいです。財布のひもは固く…を意識して自制すると吉

交際運…やや吉。会話も弾み楽しいですが、舌禍の暗示があります。軽はずみな言動で関係が冷え込んだり雰囲気が悪くなり、事態の収拾に悩みそうです。カップルは火勢が強く凶方位となります

仕事、交渉、勝負運…吉。人間関係、特に上司や年長者からの引き立てを受けて、活躍てきそうです。交渉事、話術が冴え自分のペースで議事進行ができそうです。但し言葉に酔って調子に乗りすぎないように。勝負事、奇策、奇襲がはまりそうですが守りをおろそかにしないようにしましょう

健康…食あたり、ストレスから暴飲暴食に走りやすいです

南東🌂

小凶方位(死門休囚) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや凶。交友間での金銭の貸し借り、お金に関わる勧誘などは良くありません。お買い物、お得なセール、大幅な割引のお買い得品が多いですが、かえってあれもこれもと衝動買いしそうです。ギャンブルは終盤の番狂わせで流れが変わり、トータル的に赤字で着地しそうです

交際運…やや凶。飲食は吉。カップルは浮気の誤解や疑念を持たれたり、三角関係に悩みそうです。

仕事、交渉、勝負運…やや凶、大きな問題、困難が生じやすいです。また職場の同僚ともめそうです。交渉事、相手からの条件の変更、日程や結論のの先延ばしといった事態が起きやすいです。勝負事、相手がミスをしたり自陣がミスをしたりの荒れた展開です。

健康…過失、ミスから手足のケガ、打撲、捻挫などに注意

南☂️

凶方位(驚門・暗剣殺) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。方位地支破財の兄弟が日併するので、金運は低迷します。お買い物、巧みな勧誘や宣伝の弱く高級品、分不相応な高額な契約を結んでしまいそう。ギャンブルはのめりこんで大敗しそうです。

交際運…凶。コミュニケーション運が低迷します。誤解したり誤解を招いてもめ事が多いです。待ち合わせの場所や時間を間違えたり、通信障害で連絡が取れなかったりしそうです

仕事、交渉、勝負運…凶、報告や伝達ミス、メールの誤送などに注意。交渉事、双方の誤解、あるいは意見の隔たりが大きくまとまらないでしょう。勝負事、強敵で苦戦しそうです。相手の奇策に振り回されそう

健康…ストレスから胃腸を傷めたり、季節性の風邪をひきやすい

南西🌤

吉方位(開門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉。九星は六白金星が巡り、高級ブランド品、高額品のアウトレット品、訳あり品に掘り出し物、お得なセール品がありそうです。直感も冴えギャンブル運も好調。臨時収入も期待できます

交際運…吉。夫婦、カップルは大吉。共通の話題で話も弾み、関係が深まりそうです。九星は六白金星めぐり、お互いが相手に信頼を寄せ安心感を抱きます

仕事、交渉、勝負運…吉。リーダーシップを発揮でき、部下も同僚も協力的です。大きなプロジェクトも無難にまとめられる好方位です。交渉事、主導権を握れます。相手から好条件を引き出したり、思わぬ助け舟を得て成約を見そうです。勝負事、相手のミスから大きなチャンスを得そうです。

健康…大きな崩れはありません

西🌤

吉方位(休門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。お買い物は、安いものには訳があります。巧みな勧誘や宣伝に乗せられて購入したものが不良品であったり、二流品であったりして後悔しそうです。ギャンブルは二黒土星が巡るので大勝負は凶。

交際運…吉凶半々。可もなく不可もなく平運方位です。カップルは浮気の疑念、誤解からもめ事が起こりそうです。

仕事、交渉、勝負運…やや吉。つまらないミスで滞りそうです。交渉事、相手サイドからの条件の提示や歩み寄りがありそうです。二黒土星が巡るので、妥協も必要な方位です。勝負事、奇策よりも正攻法。大胆さよりも慎重に。持久戦です。

健康…大きく崩れませんが若干意が弱く、過食に注意

北西🌤

吉方位(生門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉。方位地支は官鬼を帯びしょうギャンブルは1勝負でそれまでの負けを挽回するような場面もありそうです。引き際を見極めましょう。お買い物、掘り出し物、お買い得品に恵まれる好方位です。

交際運…吉。抱えていたトラブルや支障事、思わぬ助言や援助を得られそうな好方位です。交友筋に相談してみるとよいでしょう

仕事、交渉、勝負運…吉。同僚や部下からの協力が得やすくはかどります。交渉事、硬軟織り交ぜた交渉で主導権を握り、相手から好条件を引き出せそうです。勝負事、相手のミスを引き出して優位に立てそうです

健康…大きな崩れはありません

凶方位への処方箋

警戒方位…北☂️、南☂️

北☂️…東🌤に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が北西🌤となるように調整して方位除けを行ってください。北方は凶意が強いので現地への移動には吉刻を利用するとよいでしょう。

南☂️…南西☀に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が東🌤となるように調整して方位除けを行ってください。

注意方位…北東🌂、南東🌂

北東🌂…北西🌤に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が東🌤となるように調整して方位除けを行ってください。

南東🌂…南西☀に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が東🌤となるように調整して方位除けを行ってください

当サイトの方位による運氣作用への考え方
当サイト主の考える、吉運氣と凶運氣の作用とその対策について、記事後半で具体的な「方位除け」方法を解説しています。

氣學・本命星日運

2日注意本命星は、七赤金星、八白土星です。(お出かけの有無にかかわらず凶事発生しやすい一日となります)

七赤金星…本命星は震宮に定位対冲です。日辰から剋を受ける衰運日。いつもなら笑って許されるような失敗も、この日ばかりは批判されたり叱責を受けそうです。行動言動はいつも以上に要慎重。

八白土星…本命星は巽宮(木)から剋を受けます。コミュニケーショントラブルに注意。軽率な言動で信頼、信用を失いそうです。

九星氣學 傾斜宮早見表
九星氣學におけるご自身の潜在意識、内面的性格を推断する『傾斜宮』を割り出す早見表です
氣學九星本命星早見表
誕生年の本命星はこちらよりご確認ください。
九星及び定位宮の主だった象意
各九星及び定位の宮が司る主だった象意について解説します
「六親五類」とは
「六親五類」とは、四柱推命に由来する考え方で、自分を中心に自身に大きく影響を及ぼすであろう近しい肉親を差します。ここではこの六進五類について「五行易」での象意を解説します

 

出発吉刻

お出かけに適した吉刻は、卯刻、午刻、申酉刻です

氣學・日盤及び時盤では、午刻の北、申酉刻の南北に凶煞が重なります。同時刻凶煞方位へのお出かけはお控えください。

 

 

それでは2日が、皆様にとり最幸の一日となりますように!

本日もご覧いただきありがとうございます

(易照が実現したいこと) 
今年の四月には、鑑定のお志事を柱として多くの方々のお悩みの解決のお手伝いができています 
お悩みの解決のお手伝いができ、その解決を自分の事のように喜ぶ自分がいます 
鑑定と「五行易」のセミナーなどで日々忙しいものの大変充実した日々を送っています 
3年以内に「五行易」ないし運命學に関する本を出版し、読んでいただいた人々の開運、幸せになるお手伝いができ、喜びの感想をたくさんいただいています
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました