南極の氷の壁 易照の方位予報 9月20日予報

方位予報
Pocket

南極の氷の壁

南極点を目指して南極大陸の冒険に挑んだロアール・アムンセンとロバート・スコット。

ロアール・アムンセン

どちらが先に南極点に到達できるのか?世界が注目するチャレンジとなり、アムンセンが先に到達。一方でスコット隊は遭難して全滅する…という快挙と悲劇が相反する形となって、子どものころに読んだ偉人譚のエピソードとして記憶に残っています。

ロバート・スコット

今から110年前の1911年、イギリスのスコット隊とノルウェーのアムンセン隊が前人未踏の地、南極点に向けて出発した。初到達を果たして無事帰還したのはアムンセン隊で、スコット隊は全員遭難死した。

プレジデントオンライン

失敗の原因は、アムンセンが寒さに強いハスキー犬を中心とした犬ソリで移動したのに対し、スコット隊は馬が中心で、寒さに馬が耐えられず遭難したとされています。

犬はクレバスなどの危険も察知できるし、餌となるアザラシやペンギンの肉は現地調達できるのに対し、馬の馬草は携行する必要があります。

従ってアムンセンは人間が必要とする糧食を多く持つことができた一方で、スコット隊は糧食と同様の馬草を携行する必要があり、物理的に運搬料に限りがあったことが失敗の原因に挙げられています。

ところでスコット隊は南極点到達の快挙はアムンセンに譲る一方で、南極大陸に隠された数々の秘密を明らかにする記録を残していたといわれています。

https://www.bitchute.com/video/zRNTpmvprClY/
x.com

南極大陸と思われているものは実は氷の壁であり、その壁の向こうに別の世界が広がっている…

なんとも異世界ロマン情緒あふれるオカルティックな話が存在するのですが、スコット隊の残した記録写真の数々はその氷の壁の向こうに広がる世界を写したものとされています。

ところで、南極大陸の冒険と言えば、日本をそして世界を代表する冒険家の植村直己氏。

犬ソリでの南極大陸横断独行を夢見て幾度も挑戦を試みるも、「南極条約」を理由として南極に観測基地を持つアメリカなどの条約加盟国の反対にあい、最後まで夢を果たせずに終わります。

南極大陸横断のもう片方のマクマード基地を管轄しているアメリカ国立科学財団からは、「南極条約により個人的探検は認められない」と拒否された

アメリカ国立科学財団から、「植村の南極での計画にアメリカ合衆国は協力できない」との最終回答があった

Wikipedia

植村の夢を阻んだ「南極条約」の概要は以下の通り

南極地域の平和的利用(軍事的利用の禁止)

科学的調査の自由と国際協力

南極地域における領土主権、請求権の凍結

核爆発、放射性廃棄物の処分の禁止

条約の遵守を確保するための監視員の設置

南極地域に関する共通の利害関係のある事項についての協議の実施

条約の原則および目的を促進するための措置を立案する会合の開催

Wikipedia

条約の順守を確保するために各国の監視員の設置が条文として存在し、これが各国の観測基地設置の根拠となっていますが、一方でこれが南極大陸に隠された秘密、スコット隊が残したとされる記録写真と重なり、特に数多くの基地を持つアメリカが南極の秘密の公開を避けるために植村の探検を許可せず、妨害したのではないか?

そして南極大陸の先に別世界が広がっている…というロマンチシズム的な概念と重なって助著を掻き立てるのです。

それもそのはず、オスマン=トルコ帝国時代の航海士、ピーリ・レイスの古地図には、南米大陸と南極大陸と思しき土地が接続しており、後年世界一周を企てたマゼラン一行も現在ではマゼラン海峡として知られるこの地域を通り抜けるのに一か月を要したといわれています。

また国連旗に描かれる世界地図を模したデザインも、何故か南極大陸は描かれず、世界を囲むように描かれるリボンは、五大陸を囲むように存在する氷の壁をdesignしたものだと、一部のオカルト論者間ではささやかれています。

果たして南極の氷の先には別世界が広がっているのか?スコット隊が残した記録写真は、その南極の氷の先に広がる別世界の姿を写したものなのか?

占的「スコット隊が残した写真の真偽、そしてその写真は氷の壁の先の別世界のものか?」

立卦及び卦象

本卦「水地比」、之卦に「天水訟」を得ました。

水地比は外卦に「坎(水)」、内卦に「坤(土)」があり、内卦を我々の世界とすれば、外卦の坎(水)は行く手を阻む氷の壁を想起させます。

この辺りが易の妙味。実に味わい深い得卦です。

之卦は言い争い、論戦を意味する天水訟で、オカルト、陰謀と一笑に付されるものの、一方で「フラットアース論」がいまだに根強く支持され、両者の議論が拮抗している様子でしょうか?

用神は記録写真で父母、また父母には土地の意味がありますので父母の旺衰から真偽を断じます。

用神は二爻に現れました。

三爻が世爻、現代とすればスコット大尉の冒険は一世代前。今から110年前の出来事であり、記録写真の数々も100年前の写真です。

二爻の父母は暦から休囚の作用無し。然し無氣発動して兄弟の辰を化出。付帯する六獣は玄武で疑いの象意。スコットの残した写真は捏造である疑惑が付きまとっています。

原神となる官鬼は発動せず、一方で忌神の妻財の子(水)、仇神の子孫の申(金)が併発します。

この動きは、南極大陸の氷の壁の先に別世界が有るなんてオカルトだ!…と一笑に付す動きであるのですが、ややヒステリックに感じます。忌神は月建に生、仇神は月建に比和、日辰から生を受ける旺相爻ですが、共に発動するものの共に回頭の剋と自壊します。

従って用神は「五行易」の吉凶理論からすれば無傷で残ることとなります。

興味深いことに用神が化出する辰(土)は申子辰(水局三合)の墓にあたり、申と子を墓庫に納める役割を果たす。つまり用神が水局の墓を化出するということは、申、子を取り込む形であり、子は応爻、申に卦身が付きます。

特に注目すべきは用神の巳(火)と卦身の申は巳申の合ですから、スコットが残した写真は真実が含まれていると考えられます。

ただ惜しむらくは、卦身が化出する父母の午(火)と用神の巳(火)で同じ父母でも微妙に地支が異なること。

スコットの残した写真には別の遺跡の写真も混ざっており、あるいは後世の何者かがAIなどの技術を利用して生成したとされ、ここが捏造説の根拠となっているようです。

少なくとも、易の卦から断じるに、スコットの残した写真のいくばくかは真実であり、南極大陸には世間一般に伝えられている以上の秘密が隠されていることを易の卦より読み解くことができます。

それは用神は暦から剋冲の悪作用がない無傷の用神であり、付帯六獣の玄武には秘密の象意が有るからです。

 

初めての方は“方位予報”閲覧前にご確認ください
サイトでご紹介する日盤の利用法、判断法を解説します。
「五行易」講座開設のお知らせ
「五行易」入門講座開設のお知らせです

易照の方位予報 9月20日予報

方位予報図

 

予報詳報

北🌂

小凶方位(傷門休囚) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや凶。九星は九紫火星が定位対冲で、お買い物は目移り、高級志向が強くなり分不相応な物を衝動買いしたり、高額は契約を勢いで結んでしまいそうです。ギャンブルも熱中傾向。冷静さを失ってのめり込みそうです。

交際運…凶。些細なことで感情的になり後悔しそうです。人間関係では年長者や先輩との意見の衝突や対立に注意しいましょう。

仕事、交渉、勝負運…やや凶。仕事では上司や先輩と意見が衝突したり、口論となりそうです。交渉事、相手のかたくなな態度に苛立ちを覚えそう。勝負事、相手の思わぬ反撃に熱くなって盲目的になりそうです。

健康…熱中症、火傷、高血圧等

北東亜🌤

吉方位(生門旺相・天道・天徳) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉。方位地支の丑(土)が「妻財」を帯びて日辰から生を受けます。九星は七赤金星で、金運好調。お買い物はお買い得なセールや割引品を発見。お得な気分を味わえます。交渉によってはさらにサービスを受けたり、割引がありそうです。ギャンブル運も好調でひと穴当てて、臨時収入が期待できます。

交際運…吉。飲食を伴うとさらに吉。カップルも、交友関係でも会話が弾み楽しいひと時を過ごせます。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事では同僚の助言や助力協力を得やすく、順調にはかどります。交渉事、相手からの歩み寄りがあり成約を見そうです。勝負事、奇襲に効果がありそうです。

健康…過食の暗示がありますので食べ過ぎや飲みすぎにご注意ください。

東🌤

吉方位(休門・太乙同会) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。おおむね好調ですが、九星は二黒土星が巡り方位地支は兄弟を帯びます。ぼんやりして巧みなキャッチセールスや勧誘に引っ掛からないようにご注意ください。ギャンブルは大金を欠けると大損します。

交際運…吉。カップルも、交友間で他愛もない会話で盛り上がり、ちょうど良いストレス解消となりそう。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事では支障事、トラブルでは同僚の好アシスト、協力に救われそうです。交渉事、ライバルとの競合には、条件よりも誠意、誠実を以て対応すると相手の態度も軟化しそうです。。勝負事、奇をてらわずに正攻法が吉。

健康…大きく崩れませんが、若干胃が疲れ気味です。

南東☁

吉凶半々方位(開門・暗剣殺同会) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉凶半々。方位地支は日辰から生を受ける妻財と、子孫が日併します。お買い物も発見があったり、ギャンブルもひと穴当てそうですが、三碧木星が巡るので調子に乗りやすく、一つ間違うと大散財のピンチです。冷静さを失わないように心掛けましょう。

交際運…やや凶。カップル、交友間で口論が起きやすい方位です。ちょっとした言葉の行き違いによる誤解や、何でもない言葉に過剰に反応しがちです。会話では即答を避け、ひと呼吸おくことをこころがけるとよいでしょう

仕事、交渉、勝負運…やや凶。仕事では甘い見通し、希望的観測が崩れ滞ったり、クレームがついたりしそうです。交渉事、相手からさらなる譲歩を迫られたり、成果を求めるあまり妥協をしたりしそうです。勝負事、前半は順調ですが油断からスキが生じ、逆転を許す展開になりそうです

健康…神経衰弱、躁鬱激しく気疲れします、ヒステリー、パニック障害等

南☁

吉凶半々方位(驚門休囚) お出かけした場合の方位事象…

金運…吉凶半々。方位地支は子孫を帯びるのでギャンブル運はまずまずです。ただし物欲が強くなる方位ですので、引き際を見極めましょう。お買い物も騒動買い、分不相応な散財に注意な方位です。

交際運…やや凶。意見が合わず対立します。待ち合わせではお互いすれ違ったり、トラブルで遅刻したりしそうです。

仕事、交渉、勝負運…やや凶。仕事では部下のミスに足元をすくわれたり、ウッカリのケアレスミスで滞りそうです。交渉事、お互いの意見に隔たりが大きく溝を埋めきれません。勝負事、難敵が立ちはだかり苦戦しそうです。

健康…疲労による筋肉痛や腰痛など

南西☂️

凶方位(死門旺相) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。方位地支の申が官鬼を帯びて日辰から合を受けます。言葉巧みな勧誘、キャッチセールスに注意。金銭に関わる犯罪に巻き込まれやすい凶方位です。貴重品の盗難や紛失にも注意しましょう。ギャンブルは番狂わせで固い本命を落として大敗しそう。

交際運…凶。口論や他一縷事が多発。カップルや夫婦間は特に凶。お出かけ先で想定外、予想外のトラブルが頻発して落ち着く暇がありません。

仕事、交渉、勝負運…凶。仕事では部下のミスの後始末、思わぬクレーム等業務上のトラブルが頻発します。交渉事、思わぬ相手の態度豹変に戸惑い、進展しません。勝負事、攻め手を欠いて大苦戦しそうです

健康…難聴や耳鳴り、冷えからくる腹下し腹痛等

西🌤

吉方位(景門・月徳) お出かけした場合の方位事象…

金運…やや吉。お買い物ではお得なセール、割引品に遭遇します。高級品やブランド品にご縁がありそう。ギャンブルは六白金星と官鬼が同会するので直感冴えます。好調ですが番狂わせも老いので、大金をかける大勝負は避けましょう。

交際運…吉。お悩みやトラブル解決相談に吉。交友筋や公的な窓口での相談も可。良いアドバイス、ヒントを得られそうです。

仕事、交渉、勝負運…吉。仕事ではトラブル、問題ごと解消の暗示有。良いヒントが得られた離、部下の活躍に助けられそうです。交渉事、隔たりを生じていた問題ごとが解決を見そうです。勝負事、奇をてらわずに正攻法で結果がでるでしょう。

健康…熱中症やのぼせに注意しましょう

北西☂️

凶方位(杜門旺相・五黄殺・日破同会) お出かけした場合の方位事象…

金運…凶。貴重品の紛失や忘れ物に要注意。お買い物は当てが外れたり、希望していたものと価格や品質が異なっていたりします。ギャンブルは番狂わせも多く、勘が鈍って大損します。

交際運…凶。口論や対立事が多く、凶方位です。相手から金銭に関わるトラブルや、厄介な悩み事相談を見ちこまれて判断に苦慮しそうです。

仕事、交渉、勝負運…凶。仕事ではつまらないミスをして、上司から叱責や指導を受けそうです。

交渉事、相手の態度が急変したり、煮え切らないでしょう。成果を急ぐあまり過剰な譲歩を繰り返さないように注意。。勝負事、ミスが多く自滅します。

健康…食あたり、急な発熱を伴う腹痛など

凶方位への処方箋

警戒方位…南西☂️,北西☂️

南西☂️…西🌤に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が南☁️となるように調整して方位除けを行いましょう。南への移動は必ずしも吉方位への移動とならないので、吉刻を利用して移動すると良いでしょう。

北西☂️…北東🌤に方位除けが可能です。吉方位に移動後、現地への移動が西🌤となるように調整して方位除けを行いましょう。

当サイトの方位による運氣作用への考え方
当サイト主の考える、吉運氣と凶運氣の作用とその対策について、記事後半で具体的な「方位除け」方法を解説しています。

氣學・本命星日運

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-130.png

20日注意本命星は、二黒土星、三碧木星、五黄土星です(お出かけの有無にかかわらず凶事発生しやすい一日となります)

 

二黒土星…本命星は震宮(木)より剋を受けます。月建の剋を伴うので振るいません。仕事でもプライベートでも、周囲からの頼まれごとが多く気疲れしそうです。金銭をめぐるトラブルにも注意してください。

 

三碧木星…本命星は巽宮(木)に比和しますが、暗剣殺をかかえます。コミュニケーショントラブルに注意。言った言わないの相互の誤解、行き過ぎた言動で周囲とトラブルをかかえそうです。

 

五黄土星…本命星は乾宮(金)に泄氣します。宮が日辰から剋を受け、日破がここに重なる衰運日です。業務上のミス、交通事故などのトラブルに注意しましょう。体調面でも余り好調とは言えません、気が緩んで暴飲暴食に走ると体調を崩します。

 

九星氣學 傾斜宮早見表
九星氣學におけるご自身の潜在意識、内面的性格を推断する『傾斜宮』を割り出す早見表です
氣學九星本命星早見表
誕生年の本命星はこちらよりご確認ください。
「六親五類」とは
「六親五類」とは、四柱推命に由来する考え方で、自分を中心に自身に大きく影響を及ぼすであろう近しい肉親を差します。ここではこの六進五類について「五行易」での象意を解説します
九星及び定位宮の主だった象意
各九星及び定位の宮が司る主だった象意について解説します

出発吉刻

お出かけに適した吉刻は、丑刻、午未刻(午刻大吉)、戌亥刻です。凶方位のお出かけはお昼前後のお出かけが適しています。

氣學・日盤及び時盤では、午刻の南東と北西、戌亥刻の南東に凶煞が重なります。同時刻凶煞方位へのお出かけはお控えください

 

 

 

それでは20日が、皆様にとり最幸の一日となりますように!

本日もご覧いただきありがとうございます

(易照が実現したいこと) 
今年も、鑑定のお志事を柱として多くの方々のお悩みの解決のお手伝いができています 
お悩みの解決のお手伝いができ、その解決を自分の事のように喜ぶ自分がいます 
鑑定と「五行易」のセミナーなどで日々忙しいものの大変充実した日々を送っています 
2年以内に「五行易」ないし運命學に関する本を出版し、読んでいただいた人々の開運、幸せになるお手伝いができ、喜びの感想をたくさんいただいています

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました