易経繋辞伝

易経繋辞伝 易経繋辞伝

繋辞伝は、上下に分かれ易経の成り立ちを孔子が分析、解説したものと言われています。易経その物が抽象的、断片的な言葉で綴られていますが、これを運命学的な見地と既存の解説を合わせ考察を深め、解釈を試みてみます。

※過去記事を再編集、加筆修正いたしました。

易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く42

繋辞上伝を読み解く 12章第3節 易経は行動を束縛する戒律ではなく、必要な行動を促す啓蒙の書です。
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く41-2

易経繋辞上伝第12章第2節をもう少し深く読み込み、孔子が至った心理に迫ってみます
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く41

易経繋辞上伝第12章第2節 易経に想いを致す孔子の自問自答
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く40

易経繋辞上伝第12章第2節 「易経は吉凶に拘泥することなかれ」
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く39

易経繋辞上伝を読み解く。第12章第1節。 火天大有卦の卦辞「自天祐也」とは 「天はみうから扶けるものを扶く」と解釈できる。 つまり自立し、生きようと前向きな存在に陽がはたらき、立ち止まるものには陰が働きかける…そんな関係でしょう。
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く38

易経に登場する「神」には本来人格が存在しません。孔子は便宜的に人格を持たせますが、その役割はあくまでも万物を創造し、一方で役目を終えたものを還元再生しながら、生成発展を繰り返す…その作用その物が「神」なのです。
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く37

易経は書物ですから文字度居る読む者なのですが、読んで理解するよりも先に、「感じ」理解するという前提無しに之を理解することはできないと思います。
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く36

易経繋辞上伝を読みとく 易経と人間の相関関係。 孔子は積極的に、一方で老子は受容的です。
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く35

繋辞上伝112章第3節 易占に対する占者の心構えとその禁忌を説く
易経繋辞伝

易経「繋辞上伝」を読み解く34

繋辞上伝11章第2節 聖人が易占を以て万民を共同する意義を説く
New{title}
タイトルとURLをコピーしました